はじめての妊娠で気をつけるべき事

はじめての妊娠で気をつけるべき事をまとめました

はじめての妊娠で気をつけるべき事をまとめました
愛する旦那様との赤ちゃんって本当に嬉しいですよね。妊娠したことがわかった瞬間 すぐに旦那に伝えましたしかしこの後おそってくる悪阻が非常につらかったことを覚えています… 私は起床したら既に気持ちが悪くてトイレで吐き、朝ごはんを少し食べたらまたすぐに気持ち悪くなりました。昼間はそのまま動けず。

夕方は旦那の夕食を、吐き気と闘いながら調理し、なんとか作り上げていました。ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが… けどいつまでも続くものではないので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう

友人の経験談で、妊娠したら妊娠線が出ると言われ、不安になり色々調べてみました。第一に保湿が大切とわかったので、安定期を過ぎてから日々必死で保湿クリームを塗っていました。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。結果的に何個のボディクリームを使ってしまったのか見当もつきません。気分に合う香りのクリームを塗ることでリラックス効果もあったと思います。お陰で二人出産しましたが妊娠線は全くありません。妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静になれず危ない行動をしてしまったり、ゆとりを持って日々を過ごせなくなります

 

お母さんの体に負担がかかる

そうなると、お母さんの体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。

神経質になる必要はありませんが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる態勢を作っていきましょう。妊娠中に守るべきことは色々あります。一年を通してお腹を冷やさないこと、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。

適度な運動は良いが全力疾走しないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。いづれも妊娠中は皆が言われることだが、もう一点 私が何よりためになったと感じていることはこれである。産まれてくる子に、優しい言葉を話してあげること。優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産後もこの言葉の重みを毎日実感している切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、とにかく体を冷やさない事です。夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷たいときはレッグウォーマーも付けていました。もちろん裸足にサンダルなどありえません。冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを使っていました。

夏によく冷えた飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや暖かい飲み物ばかり飲んでいました。妊娠の35週目に入ると、妊娠後期も半ばを過ぎあと4週でいよいよ出産です。

 

妊娠初期からこの妊娠後期中頃

妊娠初期からこの妊娠後期中頃までの身体は、赤ちゃんを維持できるようにコントロールされていますが、妊娠35週目以降は出産に向けての準備へ、少しずつ変化してくる期間になっていますそのぶん身体に負担をかけてしまうと早産につながってしまう可能性があります

妊娠期間は何よりお母さん自身がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても大切なのではないでしょうか。

初めての妊娠なら特に変わっていく体や生活環境に戸惑い自覚がないうちにストレスが溜まるものだと思います。そんなときに、栄養の偏りがないよう、また赤ちゃんの為にと健康に気遣うのは当然のことですが、普段の行動や食事を無理に制限することは精神的に負担になっていいことは無いと思います。心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、重労働な職種でもあったので、退職することにしました。仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、重労働 体の負担にならなければ働き続けてもいいと思います。

 

妊娠期間中は葉酸をサプリメントで

妊娠期間中は葉酸をサプリメントで摂るように先生より言われたので、飲んでいました。さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤とは別に鉄分の多い食べ物を食べるよう意識していました。妊娠初期のつわりは人によって異なると言いますが私はいわゆる食べづわりになり、何か食べていないと気持ち悪くなっていました。

脂っこいもの甘いものは目にするだけで吐き気がしました。食べられるのは、うまい棒とトマト、ホットケーキのみ

それ以外のものを食べると気分が悪くなり、しょっちゅう吐いていました。このような食生活で十分な栄養が取れているか心配でしたが、妊娠の初めの頃はあまり栄養を取らなくても問題無いので無理なく食べられるものを食べていればよいということ。少しでも早くこの苦痛から解放されたいとずっと考えていました。

妊娠線が付かないようにするには過剰に太ることを避けるほかに、妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。クリームを塗る際にあわせてマッサージもすると効果的です。なぜなら、マッサージにより皮下脂肪をほぐしておくことで妊娠線が出にくくすることが期待できます。マッサージにはたっぷりの予防クリームを手の上で馴染ませ、縦にも横にもマッサージをするのがポイントです。

その時 掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに